ヤマハやスタインウェイのグランドピアノでレッスンして頂けるのはとても嬉しいです。

大人のピアノ教室
枚方市 吉田恵子さん

大人のピアノ教室 吉田恵子さん

Q.ピアノとの出会いを教えて頂けますか?

私が小さい頃から家にピアノがありました。でも誰も使っていませんでした。
幼稚園のころに近くの音楽教室の幼児科に、ある日親に突然連れて行かれました。 グループレッスンで楽しくエレクトーンを弾いたりオルガンを弾いたりしていました。 小学校に入学してから同じ教室の中で個人のレッスンに変わりました。 当時のピアノのレッスンはとても厳しくて毎回、恐怖でしかなく毎週泣いていました。 それで小学校6年生でやめてしまいました。
でも、中学校の先生がすごくピアノが上手な先生だったので、ピアノという楽器に改めて興味を持って、またショパンの曲に衝撃を受けて、それからショパンをよく聴くようになり、青春時代はショパンのピアノ曲を聴いて過ごしていました。 でも、自分で弾くということはありませんでした。

時は経ち、結婚して家庭を持ち、ピアノに対する強い気持ちは薄れていました。でも「のだめカンタービレ」を見て「もう一度ピアノをやってみたいな」と思ったのがきっかけになりました。
ちょうど子供達も中学に上がり手が掛からなくなった時期で、仕事も家事もちょっと落ち着いたころだったのと、誰も弾かない音の狂ったピアノが家にあったので、改めてピアノにチャレンジすることにしました。

Q.教室はどうやって探されましたか?

インターネットで調べたら、近所に教室があって、子供達に混じってピアノを練習しはじめました。 でも、子供達に混じっては居心地があまりよくなく、自分の子供の友だちがその教室で一緒にレッスンを受けてたり、発表会とかでも、何か恥ずかしくて、大人だけの教室に通うことにしました。
ピアノのサークルにも入っていたので、サークルのメンバーに聞いて、梅田の教室を紹介してもらい、通うようになりました。
今、家では電子ピアノで練習しているのですが、やっぱりグランドピアノが弾きたくて、グランドピアノが置いてあるスタジオへ出かけたりしていました。そしたら、スタジオのオーナーがグランドピアノでレッスンを受けられる開成館を紹介してくれて、体験レッスンを受けに来たのが開成館を知るきっかけでした。
当時通っていた教室は弾きたい曲を弾かせてはもらえるものの、基礎を教えてくれることはなかったのですが、三木楽器の体験レッスンでは先生が基礎を学びながら自分の弾きたいショパンやバッハを弾くことを提案してくださって、その時の印象がとても良かったので開成館でレッスンを受けることにしました。

Q.レッスンを受けられていかがですか?

基礎をしっかりと練習することで、自分で弾いてる音が変わって来たのもはっきりわかりましたし、サークルの友だちにも「全然良くなったね」って言われるようになりました。
ピアノの弾き始めた頃は、あの曲も弾きたい、この曲も弾きたいという想いが先立ちますが、基礎が出来ていないとなかなか上手にならないし、ごまかしながら弾いているという感覚になって、やっぱり基礎が大事だと実感していたんです。
こちらの音楽教室では、自分のレベルに合わせて基礎も学べるし、弾きたい曲も弾かせて頂けます。
先生とのコミュニケーションも十分に出来ています。私はアマチュアで「ピアノを弾くことを楽しみたい」と思っていることも理解してくださっているので、とても楽しくレッスンを受けることができています。

ピアノもアップライトではなくヤマハやスタインウェイのグランドピアノでレッスンして頂けるのはとても嬉しいです。以前は、調律も十分に出来ていない音が狂ったピアノでレッスン受けていたこともありました。でも、ここではいつもちゃんと調律されているのでとても気持ちいいです。開成館の音楽教室に出会えて本当に良かったなと思っています。

本日はありがとうございました。

大人のピアノ教室はこちら

2017年5月 株式会社トゥルース取材