先生に何でも聞けて、何でも教えてくれるのが嬉しいです。
出来なかったことが出来るようになるのがとても楽しいです。

ピアノ教室
大阪市 丸尾菜月(仮名)さん

ピアノ教室 丸尾菜月(仮名)さん

ピアノを始めるきっかけやレッスンの感想をご本人とお母さんにお伺いいたしました。

Q.何がきっかけでピアノを始められましたか?

お母さん:私がピアノを習わせたいと思っていました。
ピアノは幼いうちにスタートした方が良いと言われています。もし本人が「ピアノをやりたい」と言い出したときに「今からでは遅い」と言われないように、小さい時からスタートして、本人がピアノの道で行きたいと決意したらそのまま行けば良いし、もし他のことがやりたいと思えば、そちらに行けばいいと思っていましたので、幼い頃から音楽に触れる環境をつくろうと考えていました。
3歳の時にお友達に誘われてグループレッスンの教室に通い始めました。スタートした頃は良かったのですが、レッスンが進んでくると、先生がたくさんの生徒を相手にしているので、自分の聞きたいことがあっても、十分に理解出来るまで教えて頂けるだけの時間をとってもらえませんでした。その点が本人には強いストレスになっていたようでした。 そこで、少し早いかとは思いましたが、個人レッスンの教室へ変わりました。

Q.開成館はどの様にして知りましたか?

お母さん:この子が2年生になったころ、本格的にピアノを習うにあたって、ソルフェージュをさせたいと思っていました。色々と探したのですが、ソルフェージュを教えていただけるところがなかなか見つかりませんでした。ある時、三木楽器ではソルフェージュをされているのをホームページで見つけて、それから通い始めるようになりました。それがとても良かったので、ピアノも三木楽器で習いたいと思い、その年の終わり頃にピアノのレッスンもこちらで習うことにしました。開成館でしたら、優秀な先生もたくさんいらっしゃいますし、その中から子供との相性の良い先生に習うことが出来ますし、この子が進みたいと思う道に合わせてご指導頂けることに期待しています。どの先生に習うのかというのはとても大切なことだと思います。

Q.レッスンの進め方に対してどのように感じられていますか?

お母さん:子供の進路に沿って先生にご指導頂けているので、とても満足しています。
コンクールに出るときは、そのコンクールに合わせた指導をしてくださいますし、その時の目標が達成出来るように、色んな工夫をしてくださるので、信頼してついていくことが出来ます。

菜月さん:先生に何でも聞けて、何でも教えてくれるのが嬉しいです。たくさんの人と一緒やったら、なかなか聞かれへん。
それから、出来なかったことが出来るようになるのがとても楽しいです。
面白い話があって、前までピティナの予選も通らなくって悔しかったんですけど、去年の本選の時に私は通っていると思っていたのにお母さんは「通ってなくてももう一回受ければいいから見ておいで」って言うから一人で結果を見に行ったんです。そしたら思った通り通っていて、お母さんに言ったらメッチャビックリしてました。その時は本選で優秀賞をもらいました。

Q.次の目標は何ですか?

菜月さん:次回の「宝塚ベガ音楽コンクール」の本選で賞をとりたいです。

本日はありがとうございました。

子供のピアノ教室の詳細はこちら

2017年5月 株式会社トゥルース取材