ヤマハ アビテックスの特性

優れた遮音性能で、安心の演奏環境を

階下への高い遮音性能

2.0畳以上のタイプでは新開発の床フレームと防振ゴムにより、階下への遮音性能を従来の製品と同様に強化しました。また、高剛性床パネル(オプション)により、さらに階下への遮音効果を高めることができます。

セフィーネNS 階下への 遮音性能

用途によって選べる遮音性能

音は空気だけでなく床・壁・天井などの固体の振動によっても伝わります。セフィーネN Sは、空気伝搬音を遮ると同時に、床・壁・天井の振動を抑える独自の技術を取り入れることで、優れた遮音性能を確保しました。用途に合わせてDr-35、Dr-40の2つの遮音性能からお選びください。
※Drは遮音性能を表す単位で、数字が大きいほど性能が高くなります

セフィーネNSの遮音性能

組立はじめたその日から使える

新ジョイント方式のパネル工法により、優れた遮音性能を確保しながらスピーディーに組立できます。お部屋の床や壁を傷つけることなく設置ができますので、転勤やお引越の予定を控えている方でも安心です。

新ジョイント方式のパネル工法1
新ジョイント方式のパネル工法2
新ジョイント方式のパネル工法3
新ジョイント方式のパネル工法4

防音室は専門の組立業者が設置します。組立に要する時間は大きいタイプでも半日程度です。

高精度なパネル工法

工場で作った高精度パネルを現地で組み立てるため、安定的な防音性能が得られます。Fix窓2枚、もしくはFix窓と横幅1/2の壁面との組み合わせで、ドアと同サイズとなるように規格を統一。組み替えが自由です。

パネル工法

響きの調整が、より細やかに

楽器に合った響きに調整できる防音室

自宅で楽器を思いっきり演奏するための防音室には、遮音性能はもちろんのこと、優れた音場性能が必要です。セフィーネNSなら、独自の調音パネルにより、部屋の響きを調整。さまざまな楽器の固有の響きを大切にしながら、お客さまの好みに合わせた音場を実現し、個人の練習から複数でのアンサンブルまでをナチュラルなサウンドで楽しめます。

吸音パネル一体型の調音パネルで音場調整

吸音パネルを一体化した大型の調音パネルにより、さまざまな楽器の響きをコントロール。広帯域のピアノもまるで、グレードが上がったように響かせます。また、高さ方向の響きのかたよりも無く、立っても座っても同じ感覚で演奏することができます。吸音パネルには6枚の吸音材を内蔵。別々に取り外すことができるため、好みに合わせて響きの微調整ができます。さらに、オプションの音場天井パネルで、部屋全体の響きを抑えることができます。

好みの響きに調整できる音場壁パネル

内部の吸音材の枚数を調節することで、室内の響きをイメージに合わせて調整できます。

※吸音材を取るほど、響きが長くなります ※吸音材は、上部3枚、下部3枚の計6枚


[セフィーネNS(3畳標準壁)平均吸音率の調整可能範囲]

セフィーネNS(3畳標準壁)平均吸音率の調整可能範囲

音場パネル内の吸音材0 枚と6 枚、さらに、吸音材6枚プラス別売の音場天井パネルを8枚使用した場合の平均吸音率を表したグラフです。グラフの上限と下限の間で響きの調整が可能です。

音場天井パネル
■オプションの音場天井パネル

チェロやピアノなどの低域へも対応

上下に長い管の入った調音パネルにより、低音は65Hzまで対応。低い音がこもりやすい箱状の防音室でも、ピアノやチェロなど、すっきりとした低音を響かせます。
チェロやピアノなどの低域へも対応

どのようなニーズにも対応できる豊富なラインアップ

豊富なラインアップ

それぞれの部屋に最適なセフィーネNSを

セフィーネN S は、0 . 8 畳から4 . 3 畳までの9タイプ。設置する部屋のスペースや間取りに合わせて選べます。また、楽器や用途に合わせてそれぞれ2種類の高さから選べます(0.8畳を除く)。

最適なセフィーネN Sを

追加ドアの取り付けが可能

2畳から4.3畳タイプにはドアを追加することができます。部屋の収納部やベランダ等への動線を確保するなど、間取りに合わせて取りつけられます。

6畳間への設置例
[6畳間への設置例]

F i x 窓パネルをオプションで選べます

0.8畳から4.3畳までのすべてのタイプで、室内を明るく開放的にします。

F i x 窓パネル

耐震性能にも優れたセフィーネN S

セフィーネN Sは、安心・安全な防音室を目指し東日本大震災と同じ波形で振動試験を行いました。設置位置がずれる現象はありましたが、本体が変形することはありませんでした。

耐震性能にも優れたセフィーネN S
■試験委託先:建材試験センター
[ 宮城県仙台市で測定された波形(K-NET仙台)を使用]