ヤマハピアノ、中古ピアノ販売、レンタル、充実した音楽教室なら大阪 三木楽器へ

お問い合わせ

開成館 会員募集中!

三木楽器 ピアノのページ

☎︎ 06-6252-0432

鍵盤ブログ 店舗スタッフからの イベント情報やセール案内など、 特選情報を発信しています!

接近(レットオフ)調整-ピアノの修理・調律・再生

接近(レットオフ)調整 皆さんは太鼓をたたいたり、お仏壇のりんを「チーン」と鳴らしたことがありますよね?その時に太鼓のバチやりん棒はたたいた後かならず太鼓やりんから離しますでしょう。そうしないと折角の振動が止まってしまい […]

「から」直し-ピアノの修理・調律・再生

「から」直し――優秀な部下 鍵盤を押してハンマーが弦にあたるまでの機構・メカニズムをアクションといいます。鍵盤を押すとこのジャックという細長い部品がバットという部品を突き上げてハンマーが動き始めます。演奏者が鍵盤を押した […]

ハンマー弦合わせ、走り・ねじれ修正-ピアノの修理・調律・再生

ハンマー弦合わせ、走り・ねじれ修正 さて、ハンマーが弦に当たると音が出るわけですが、当たり方が問題です。 弦は中音部から高音部は一つの鍵盤で3本の弦を叩くことになります。低音部は2本、最低音部は1本です。3本の弦の面に対 […]

打弦距離の調整-ピアノの修理・調律・再生

打弦距離の調整 打弦距離とは、鍵盤を押したときにハンマーが動いて弦に当たるまでの距離を言います。打弦距離により音色や音の大きさも変わります。各メーカーとも47mm前後に設定しています。一番良い打弦距離に調整する事により、 […]

アクションのねじ締め-ピアノの修理・調律・再生

ねじ締め 次にアクションの調整です。アクションとは、鍵盤を弾いたあと、ハンマーが動いて弦を打つまでのメカニズム、機構の事です。まずアクションのねじのゆるみがないか調べ、増し締めします。建物と同じで、基礎工事が大事ですね。 […]

鍵盤の深さ調整-ピアノの修理・調律・再生

鍵盤の深さ調整 次に鍵盤の深さを調整します。深さとは、鍵盤を押して行って何ミリ押すと底に到達するか、という事です。メーカーを問わずほとんどのピアノの鍵盤は深さ10mm、つまり、1cmで調整します。深すぎると指がもたつきま […]

鍵盤の高さ調整-ピアノの修理・調律・再生

鍵盤の高さ調整 次に鍵盤の高さを揃えます。高さがそろっていないとグリッサンド=手のひらや指などで鍵盤を下から上、上から下へ押し滑らせて音を出す奏法=などがスムーズに出来ませんし、高さがばらついていたら弾く人も戸惑ってしま […]

三木楽器のピアノ修理・調律・再生の様子をご紹介

三木楽器では2010年にグループ会社の新響楽器と共同でピアノ専門の修理工房「ピアノ工房関西」を設立。更に2013年末に「ピアノアトリエ」を開設しピアノの修理・調律・再生を本格化しております。その一端を動画を含めご紹介させ […]

ブッシングクロスの交換-ピアノの修理・調律・再生

1-2 ブッシングクロスの交換鍵盤は前後のピンに支えられてシーソー運動をします。ピンは金属、鍵盤は木材です。これが直接当たるとカタカタ雑音が出ますので、鍵盤に開けられた穴にクロスが貼られています。これがクッション材になっ […]

鍵盤の抵抗を調整-ピアノの修理・調律・再生

鍵盤とキーピン
鍵盤の抵抗を調整(キーピン磨き)鍵盤はシーソーのように動きますが、それを支える2本の軸、ピンがあります。鍵盤の調整は、まずこちらのピンを磨くことから始まります。(鍵盤抵抗調整)次に鍵盤の抵抗を調整します。鍵盤を持ち上げて […]

ジャズピアニスト、上原ひろみさんにご来店いただきました♫

images
皆様こんにちは!三木楽器開成館の長田です。皆様ご存じとは思いますが世界で活躍するジャズピアニスト・上原ひろみさんが、テレビ番組収録のため三木楽器開成館にご来店くださいました!わたしもライブで何度か拝見させていただいたこと […]

第1回ヤマハジュニアピアノコンクール結果発表

第1回ヤマハジュニアピアノコンクールがさる1月31日開催され、厳正なる審査の結果が発表されました。三木楽器ピアノのページにも受章者を掲載いたしましたのでご参照ください。皆さまお疲れ様でした。結果発表ページ

“世界の名器 特別試弾会” 開催のお知らせ

boesendorfer480
三木楽器開成館では、ヨーロッパを代表するベーゼンドルファー、スタインウェイに加え、国内最大メーカーヤマハのピアノを弾き比べていただける特別試弾会を開催致します。また、楽器店では唯一ここでしか設置していないヤマハフルコンサ […]

鍵盤の調整-ピアノの修理・調律

きれいに揃った鍵盤
ピアノを弾く人は鍵盤を通して音楽を表現します。鍵盤を押すと「ハンマー」が弦を打ちます。そして弦の振動が「響鳴板」を震わせて音になります。弾く人が鍵盤を弾きやすいように、ピアノの中にたくさんある部品の働き方を整える事はピア […]

はじめに-ピアノの修理・調律・再生

ピアノ用木材乾燥・制作風景
ピアノには木材や羊毛のフェルトなど自然の素材がたくさん使われています。 自然の素材は月日が経ったり、温度や湿度によって変化します。ですから、中古ピアノをもう一度再利用するためには調整したり修理する事が欠かせません。変化し […]