ピアノクリーニングの様子

三木楽器では、お客様のピアノを預りクリーニングする際は、原則的には弊社が販売する中古ピアノとほぼ同等の修理調整を致します。クリーニングの料金は同等の修理調整をした場合の料金を表示しています。但しお客様のご要望に沿った形でお見積りをさせていただきます。

外観をきれいに

◎内外を清掃します

裏側清掃1

裏側清掃2

鍵盤の下側清掃前

鍵盤の下側清掃中

鍵盤の下側清掃中2

底板内側清掃

分解清掃後

◎塗装面のスリ傷、打痕等、キズを補修します

キズ埋め

きず直し

キズあり

キズ埋め研削

研磨

きれいに

◎再塗装します

塗料吹き付け

キズ直し鍵盤

塗料吹き付け

研磨艶出し

◎外装を磨いて光沢を取り戻します

鍵盤磨き

側板磨き

違いが歴然

◎金属パーツ(ペダル、ヒンジ等)を磨いて輝かせます

ペダル事前

ペダル事後

鍵蓋ロゴ事前

鍵盤ロゴ事後

ヒンジ事前

ヒンジ事後

弦錆落とし前

弦錆落とし中

弦錆落とし後

◎黄変した白鍵木口をはがし、新しい木口に貼り替えます

白鍵木口前

白鍵木口剥がし

白鍵木口前後比較

◎鍵盤の表面や横面を磨ききれいにします

白鍵上面磨き

鍵盤側面前

鍵盤側面汚れ落とし

側面汚れ落とし後

弾きやすいタッチを復活

◎経年劣化したアクション部品(フレンジコード等)を新品に交換し連打性能を取り戻します

劣化し切れたフレンジコード

劣化コード貼り替え前

貼り替えたフレンジコード(白い三角形の糸)

劣化コード貼り替え後

◎鍵盤がスムーズに動くようフロント・センターピンを磨きます

センターピン研磨

◎横ブレする鍵盤は消耗したブッシングクロスを新品に交換

鍵盤ブッシング(赤色)を裏側から見る

劣化した鍵盤ブッシング

ブッシング貼り替え作業中

ブッシング貼り替え定着待ち

◎鍵盤の高さ・深さを揃え、又ハンマーへの力の伝わりを適正化します

鍵盤高さ測定

鍵盤高さ調整

鍵盤深さ測定

鍵盤深さ調整

カラ直し

◎打弦をコントロールし易いよう弦とハンマーの距離を調整します

ハンマー接近調整

ハンマーストップ調整

◎ダンパー(音を長引かせたり切ったりする機構)がほぼ一律に動くように調整します

ダンパースプーン掛け

ダンパー総上げ調整

心地よい音色を獲得

◎弦痕の付いたハンマーを形よく整え弾力性を持たせ弦に正対して当たるようにし発音を向上させます

ハンマー整形前

ハンマー整形中

ハンマー整形中2

ハンマー整形後(中ほどの白いハンマー)

◎音色に弾力性を持たせ、各キーごとの音色のバラつきを低減し、バランスを取るため、ハンマーに針刺しをします

ハンマー針刺し

◎ピッチの下がった音律を上げ、正しく調律します

調律